任意売却公正協会のミッション

住宅ローン返済に悩む人を無くし自分たちが必要なくなる社会を作ることが私たちのミッションです

 

 

はじめまして。任意売却公正協会代表の高倉です。
このサイトの目的は、住宅ローン返済が難しく悩んでいる方にどんなに苦しい状況だったとしても悩みを解決できる事、後まで家を失う事を諦める事はない事を伝える事です。

今あなたがこのページを読んで下さっているという事はきっと、毎日毎日お金の事で頭が一杯で、
将来の事が不安で仕方ないのではないでしょうか?

なんとか支払いができても、 来月はどうやって支払えばいいか?という不安がすぐに襲ってくる、
このままじゃまずいと思っていても、こんな事を人に相談できないし、知られたくない。

不動産会社に話すとうまく言いくるめられて無理やり売却をさせられてしまうんじゃないか?と不安で相談できず、
1人で悩み続けているのではないでしょうか?

ダメだとわかってはいても、家を失いたくない気持ちからカードローンに手を出してしまって借金が膨らんでしまい、
このままじゃ自己破産するしかない、もうどうにもならないんじゃないか?
と半ば諦めかけているのではないでしょうか?

もしそうなら、その気持ちはとても良くわかります。
なぜなら、僕自身も過去に競売で実家を失いそうになった経験があるからです。

住宅ローンを支払えず実家を失った過去

それは今から23年前(当時私は大学生でした)の事です。私の父は実家に併設された小さなこんにゃく工場を経営していました。
祖父が創業した工場を父が2代目として引き継ぎ、ゆくゆくは私が3代目として盛り上げていくつもりでいました。

しかしある日、父が突然の病に倒れてしまった事で状況が一変。
工場の経営は一気に悪化していきました。

私たちは工場を守るため、家族総出で朝から晩まで働きました。
私も大学の授業を休み、昼は工場、夜はバイトとお金の工面に奔走しました。

しかし、父の抜けた穴は想像以上に大きく、業績の悪化を食い止めることはできませんでした。

そしてついに資金がショート。 ダメだと分かっていながらもカードローンに手を出しました。

しかし、もはや焼け石に水状態…
借入限度額はすぐに一杯になりました。

もうこれ以上打つ手立ての無くなった私たちは、ついに住宅ローンを滞納。

銀行からの催告を受け、競売で家を失う寸前でした。

そんな時に私たち家族を救ってくれたのがある一人の不動産営業マンでした。

彼は、自分の利益にもならないのに、
最後まで私たちの実家と工場を守ろうと働きかけてくれました。

最終的に家は売却せざるをえませんでしたが、
彼のサポートのおかげで借金は全て精算でき、生活を立て直す事ができました。

今の家族があるのは彼のおかげです。
私はそんな彼のサポートに強く感謝すると同時に、彼のように、
自分と同じような境遇にある方の力になりたいと考え、大学卒業後この業界で働く事を選びました。

私がこの法人を設立した理由

しかし、その中で見てきたものは、必ずしも納得できるような事ばかりではありませんでした。

他にも解決の選択肢があるのに、「このままだと競売になります。競売になったら家を追い出されてしまいます」 と、恐怖を煽ったセールストークで任意売却をさせられてしまった方を見てきました。
(きっとあなたもこういった表現のホームページをよく見たのではないでしょうか)

弁護士に相談した所、しなくてもいい自己破産をさせられてしまう方を見てきました。
任意売却後のサポートがなく、生活に困窮してしまう方を見てきました。

これこそ、私がこの法人を設立した理由です。
無理やり契約されるんじゃないか?

そんな不安を感じる事なく安心して相談できる場を作りたい、
任意売却はあくまでも最終手段とし、任意売却をせずにすむ方法、自己破産をせずにすむ方法、住み続けられる方法を
最後まで 諦めずに、一緒に考えるサポートをしたいと考えたからです。

私たちのミッション

綺麗事のように感じてしまう方もいるかもしれませんが、

私は、ローン返済に悩む人を少しでも減らし、自分たちが必要なくなる社会を作りたいと真剣に考えています。
そのためには、もっと多くの方の悩みを解決し、もっと多くの方に
「経験に基づいた正しい知識」を届けていかなければいけない、、と日々奮闘しています。

最後まで諦める必要はありません

「もう自分はダメだと思います」
相談に来られる方の中には、半ば諦めている方も少なくありません。
しかし、正しい知識と、正しい対処法を知れば状況は良くなります。 諦める必要はありません。

実際、今まで、

  • コロナウイルスの影響で収入が減ってしまった方
  • ギャンブルで多額の借金を作ってしまった方
  • 売却後の生活に不安を抱えていた方
  • 老後の生活が不安だった方

そういった方が、第2の人生をスタートさせています。
なので、このサイトをご覧になって沢山の事例を知って、知識を手に入れてください。
きっとあなたの役に立つはずです。

そして、もしその過程で私が信頼に値する人間だと感じて頂けたなら一度ご連絡ください。
任意売却をせずにすむ方法、自己破産しない方法、住み続ける方法を
最後まで諦めず一緒になって考える事をお約束します。

代表理事プロフィール

一般社団法人 任意売却公正協会
代表理事 高倉 由浩(たかくら よしひろ)

自営業を営んでいた父親が病気になり、事業ローンの返済が滞ってしまい競売の直前で実家を売却。それがきっかけとなり大学在学中に宅地建物取引主任者を取得する。
大学卒業後、不動産仲介会社、新築マンション会社に勤務。住宅ローンや事業ローンの返済で苦しんでいる方が任意売却制度で救われていることを知る。

この任意売却制度と利用する方が増えている中、その一方で利益を重視する会社ばかりで、任意売却を正確・安心・信頼できる団体が必要だと痛感し「一般社団法人任意売却公正協会」を設立。当協会の代表として活動しています。

氏名 高倉 由浩
居住地 横浜市旭区
生年月日 1976年8月
保有資格 ・住宅ローンアドバイザー(一財 住宅金融普及協会)

・AFP(NPO 日本FP協会)

・2級ファイナンシャル技能士(国家資格)

・宅地建物取引士

・不動産コンサティングマスター(公財 不動産流通近代化センター)