住宅ローンの他に
カードローンを抱えている方へ

これが600万円以上
カードローンが
あっても
自己破産せずにすむ
2つの理由です「自分は状況が悪すぎるから、
もうダメだと思います」

カードローンを数百万円単位で抱えてしまっている多く方は、
半ば諦めてしまった様子でこうおっしゃります。
しかし、そう思っていた多くの人が、自己破産をする事なくお金の
不安から解放され、普通の生活を取り戻すことができるようになっています。
家族と定期的に旅行に行ったり、美味しいものを食べたり、
お孫さんにお小遣いをあげられるようになったり...
そんな「普通の生活」を取り戻すことできるようになっています。
中には新しく家を購入するだけの余裕を取り戻した方もおられます。
実際、今までこんなお悩みを抱えていた人が問題を解決しています。

ギャンブルで作った590万円の
借金を1/5にする事ができました。
横浜市 山口様(仮名)

ある時、私は勤務中の事故がきっかけで多額の保険金を受け取る事になりました。
しかし、一度に大きな金額を受け取った事で金銭感覚がおかしくなってしまいその保険金でギャンブルをするようになってしまいました。
気がつけば保険金を全て使い果たすだけでなく590万円もの借金抱える事に。
自己破産をしようと考えて弁護士に相談したのですが、「ギャンブルで作った借金では自己破産 ができない」と言われ途方に暮れていました。
しかし、高倉さんに相談をしたところ自己破産をしなくても問題は解決できるという事を知り、とても驚きました。
その後、実際に自己破産をする事なく借金を1/5にまで減らす事ができ、本当に助かりました。
(本人の感想であり、必ずしも成果・結果を保証するものではありません)

700万円の残債を
支払わなくてもよくなりました
横浜市 横山様(仮名)

不況により収入が減少してしまった事で一気に住宅ローンの支払いが厳しくなりました。
自宅を売却しようと不動産会社に相談してみましたが、ローン残高2500万円に対して査定額は1800万円…。
「不足分700万円を用意しないと売る方法はない」と言われてしまい途方にくれていましたが、高倉さんに任意売却して頂き、さらに残債の支払いについて交渉して頂いた事で、700万円の残債も支払う必要がなくなりました。
今賃貸生活をしていますが、月々の支払いも 当時の半分になり、とても生活が楽になりました。
おかげで何年かぶりに家族と温泉旅行に行け るようになりました。
(本人の感想であり、必ずしも成果・結果を保証するものではありません)

ずっと住宅ローン返済に悩み続けてきたのがバカらしく感じます
神奈川県大和市 50代女性 戸建(匿名)

私はこれまで3年間、ずっと住宅ローン返済に悩まされてきました。
自分の収入だけでは返済ができず、カードローンを使ってなんとか補填していたのですが、正直もう限界でした。自己破産するしかないと思うと、本当に辛かったです。
なので、高倉さんに初めて相談させて頂き「自己破産する必要はない」と言われた時は、どんなに心が救われたことか。
「本当に自己破産しなくて済むんですか?」と何度も聞いてしまったのを覚えています。
その後、無事に任意売却も成功し、自己破産する事なく「普通」の毎日を送れることができるよ うになり、大変喜んでいます。
(本人の感想であり、必ずしも成果・結果を保証するものではありません)

なぜ?彼らはこういった
生活を送る事ができるように
なれたのか?
2つの理由

理由01

カードローンは返済額を
大幅に引き下げる事ができるから
例えギャンブル・投資・浪費で
作った借金だったとしても

1つめの理由はカードローンを大幅に引き下げたことです。
カードローンは「個人再生」という方法を使うことで返済額を1/5程度まで圧縮することができます。例えば600万円だと1/5の120万円まで減らすことができるという事です。減額した返済額はその後3~5年の分割払いで支払う事が可能です。
また、個人再生はギャンブル、株・FX等の投資、あるいは個人的な浪費で作ってしまった借金にも適用する事ができます。 (ちなみにこれらで作ってしまった借金には自己破産を適用する事ができません)
さらに、個人再生の場合だと自己破産のように財産を処分する必要がありません。つまり、自宅を手放す必要もないという事です。
ただ、個人再生は自己破産より成立要件が複雑で厳しく、申請手続きを自分で進めていかなければいけないというデメリットがあります。
そのため、個人再生を成立させるためには、申請の詳しいやり方はもちろん、要件をクリアするための適切なサポートを受けて申請する事が必要不可欠です。

理由02

残債の支払いは大幅に
引き下げる事ができるから

2つ目の理由は、 もし任意売却をする事になって残債が残ってしまったとしても、その支払額は大幅に削減できるからです。
任意売却を選択するのは、ローン残高より売却額が低く「通常売却」ができないケースになります。そのため、売却後はどうしても残債が残ってしまいます。そして、その額は数百万円単位になる事もあります。しかし、この残債は金融機関と交渉をする事で大幅に圧縮する事ができます。
事例でもご紹介しましたが、700万円以上の残債があったのに支払う必要がなくなったというケースもあります。しかし、中にはこの事を知らないがために、通常通りに残債を支払い続けている方もいます。
この事実を知っているか?いないか?が売却後の生活を大きく左右するので、これは必ず知っておくべき知識です。例えギャンブルで作った借金だったとしてもカードローンは大幅に削減できる事、売却後の残債支払いは大幅に引き下げる事ができる事、
この2つの理由から、住宅ローンの他に数百万のカードローンなどがあっても、自己破産する事なく、ローンの支払い、お金の不安に悩まされる事なく、普通の生活を取り戻す 事ができるようになります。

住宅ローンの他にカードローンが
600万円以上あっても
諦める必要はありません

カードローンの額が数百万円にもなったり、法律の専門家である弁護士に自己破産しかない...
なんて言われると「もう自己破産しか選択肢がない」と多くの人が諦めてしまいます。
でも実は全くそんなことはありません。例えそれがギャンブルなどで作った借金だったとしてもです。
なので、「自分は状況が悪すぎる...自己破産しかない」と諦めてしまう前に まずは1度ご相談ください。
正しい知識を知っているかいないか?でその後の生活・人生に大きな差が生まれる事になります。

TEL

045-620-4402営業時間10:00-19:00 / 土日も対応しています