任意売却とは

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの返済が難しくなった場合に、ローンの借入先である金融機関(債権者)の同意を得て、住宅(不動産)を売却する方法のことです。

競売よりも有利な条件で売却・処分できるため、その後の生活債権の目処も立てやすくなります。

また、プライバシーを保護しながら売却できる、自宅に住み続けることができるなどのメリットがあります。

任意売却における関係図

任意売却をするメリット

1

自己負担0円

滞納していた債務や売却にかかる仲介手数料、登記費用も
売却益から差し引いてもらえるため、現金を用意する必要はありません。

2

売却条件に自分の意思を
反映できる

売却の流れや方法などは基本的に同じの為、
自分の意思を反映して好条件での売却を目指すことも可能です。

3

競売より高値で売却できる
可能性がある

交渉次第で市場価格と同程度か、それ以上の金額で売れることもあります。
競売よりも高値になる場合が多いので、毎月の支払額を減らせ

4

交渉次第で引っ越し費用が
確保できる

競売では一切手元に残りませんが、任意売却では債権者と交渉することにより
引越し費用を控除してもらえる可能性があります。

5

プライバシーを侵害されない

任意売却は通常売却とほぼ同じ販売方法となる為、
競売物件のようにネットや新聞で公開される心配はありません。

6

残債を分割で返済できる

任意売却では残債を分割で返済することができます。
債権者も金銭面の事情を理解している為、無理のない返済方法について話し合えます。

TEL

045-620-4402営業時間10:00-19:00 / 土日も対応しています