もしあなたが、たった1つの条件を満たすなら、
任意売却をせずにすむ可能性が高いです。

そのたった1つの条件とは住宅ローンを3~6回滞納していない事です。
(金融機関によって異なりますのでご相談下さい)
もし3~6回以上滞納してしまった場合、競売を防ぐためには任意売却が必要になる可能性があります。
しかし、任意売却をしても自己破産を防ぐ事は十分に可能なので、諦めずにこちらのページをご覧ください↓↓

もし、滞納が2回以内であれば、以下の3つの対策のどれか、または複数を行う事で、(例えカードローンが300万円以上あったとしても)任意売却をせずに、家に住み続ける事ができる可能性があります。

しかも早く対策をすればするほど、住宅ローンを余分に支払ったり、借金が膨らむのを防ぐ事ができるので、できるだけ早い段階で取り組んでほしい対策です。

その3つの対策とは?

対策①銀行に返済条件を交渉して返済額を下げる

実は、返済条件を銀行に交渉したり、ローンの組み方を変えれば
大抵のケースで金利を引き下げたり、返済額を減らす事ができます。

これはほとんどの方が知りません。

そのため、これを実践した多くの方が、こんなに簡単に返済額を下げられるなんて知らなかった。
もっと早く知っておけばよかったと口を揃えて話す対策です。

でも、なぜほとんどの人はこの事を知らないのか?

それは、銀行に返済の相談をした所で、こういった事を教えてくれる事はまずないからです。
なぜなら、銀行の仕事はできるだけ多くの金利をあなたに支払ってもらう事だからです。
わざわざ利益が下がるような事を進んで教えるようなマネはしません。

だからこそ、ほとんどの人が余分に住宅ローンを支払い続けてしまっています。

対策②リースバックを有効的に使って住み続ける

リースバックという方法であれば、自宅を売却しても、買主に家賃を支払う形でそのまま住み続ける事ができます。
また、後々、買い戻す事もできます。

ただリースバックは、その性質上、わずか数年で賃貸契約を解除されるリスクや家賃が割高になりやすいという問題があります。そこで、ある対策をする事でこれらの問題を解決し、リースバックの効果を最対策3カードローンなどの債務を1/5にする大限に 活用する事ができます。

対策③カードローンなどの債務を1/5にする

実は、カードローンなどの借金は債務整理という方法であれば 自己破産をしなくても約1/5にまで圧縮する事ができます。
ただ、ギャンブルで作ってしまった借金は、債務整理が認められない可能性があります。しかし、ある対策をする事で、例えギャンブルの借金であっても債務整理をできる可能性が高くなります。

これらの3つの対策を取る事で、返済額を下げ、任意売却を回避し、自宅に住み続ける事ができる可能性が高くなります。
なのでもし、あなたがまだ3~6回以上滞納しておらず、任意売却を回避したいと思っているのであれば、こちらからお問い合わせ下さい。
あなたの状況に応じて最も適切な対策が何か?を知る事ができます。
正しい知識は必ずあなたの役に立ちます。この対策を早く知れば知るほど、任意売却のリスクを下げる事ができます。
しつこい営業などもありませんので、まずは無料でご相談ください。

ご相談フォーム


お支払い状況など必須

相談方法