借金590万円でもマイホームに
住み続けた事例をご紹介します。

 

横浜市緑区の一戸建てに住む
山口さんは仕事にけがをされました。

 

会社の保険で保険金が約500万おりました。

 

会社を休む必要があったので、
暇つぶしにFXを始めました。

 

最初は数万円の投資額でしたが
エスカレートしてしまい

 

日本で規制されている
海外バイナリーという商品に
手をだしてしまいました。

 

保険金500万円もすぐに使い果たし、
何とか取り戻そうと借金をして投資を続けました。

 

しかし、投資は上手くいかず、
最終的に590万円まで借金を
増やしてしまいました。

 

住宅ローンの支払いもあったので、
借金の支払いは全くできなくなってしまい
弁護士さんに自己破産を相談しました。

 

自己破産直前のギャンブルでできた借金では
自己破産は難しいと弁護士さんに言われていたそうです。

 

そんな中、当協会に相談いただきまいた。

 

山口さんは奥様とお子様もいらっしゃったので
何とか一戸建てに住み続けたいと要望いただきました。

 

そこで債務整理の一つである
個人再生を提案しました。

 

個人再生は借金を1/5まで圧縮をして
返済が終われてばすべての借金がなくなります。

 

山口さんの場合は借金590万円
5年間の支払いで月3.3千円まで
圧縮することができました。

 

弁護士さんにも協力いただき
個人再生に成功し一戸建てに住み続けることができました。

 

自己破産と違い個人再生は
マイホームに住み続けられるのが特徴です。

 

同じように借金があり
返済が厳しい場合は個人再生を使い
マイホームに続ける方法を検討してみてください。

 

詳しいご相談はこちらまで
↓↓