うつ病になり、
住宅ローン返済が厳しくなった方が
自己破産しないで済んだ事例を紹介します。

 

横浜市中区の分譲マンションに住む
木村さんは数年前にうつ病になってしまいました。

 

うつ病になり勤務先を休みことが多くなり
勤務先に相談したところ

 

横浜市中区の住まいから近くて、
比較的休みがとりやすい職場に
異動させていたいただきました。

 

しかし、木村さんは今まで
残業代で収入を稼いでいたので、
その分の収入が減ってしまい

 

生活費や住宅ローン返済が
厳しくなってしまいました。

 

カードローン等で補填していたため
約300万円の借金を作ってしまいました。
済が厳しくなってしまったので、
勤務先の労働組合から弁護士さんを紹介いただき
自己破産を計画されていたということで
当協会にご相談いただきました。

 

木村さんが所有する
分譲マンションを査定してみると
3100万円の市場相場に対して

 

住宅ローンは約3300万円と
約200万円ほど開きがありました。

 

債務を一部を残して売却することができる
任意売却も考えられたのですが、

 

人気の中区の分譲マンションだったので
残債3300万円以上で売却することを
ご提案させていただきました。

 

市場相場よりも少し高かったのですが
募集を募り気にっていただけるお客様を
見つけることができました。

 

ただ、競売になる直前だったので、
木村さんが住宅ローンを組んでいた
住宅金融支援機構に交渉をし

 

買主さんがいらっしゃるのであれば
短期間であれば競売の手続きを
待ってもらうことができました。

 

その間に、弁護士さんに相談し、
売却を成功させることができました。

 

残債以上で売却することができたので、
住宅ローンの債務(借金)はなくなり、
カードローンの借金約300万円だけが
残ることになりました。

 

弁護士さんとも相談し
「自己破産」と言う方法でなく、
任意整理という形で借金だけを返済する
ことになり自己破産をしないで済みました。

 

木村さんは、
自己破産をしないといけないと
諦めていたため自己破産をしないで済んだため
大変喜んでいました。

 

同じようにカードローン等で
住宅ローンを補填している方は
ぜひ当協会にご相談ください。

 

↓↓