住宅ローンを延滞すると。 その2

前回の続き。

 

住宅ローンの延滞分をまとめて払わないと競売になると銀行の返答でしたので、ご相談者に急遽お会いして対策を練ることにしました。

滞納分を払えるかお聞ききましたが難しいとのこと。

 

その場しのぎになりますが、カードなどで借入れを提案しましたが、10年以上前にカードローンで事故を起こしそのままにしていたので、カードは新規に作れず、お持ちではありませんでした。

 

このままだと競売で強制処分されてしまうので、銀行に任意売却を申し出たところ、銀行の評価以上なら売却してもいいと返答。

 

延滞金14%かかっておりましたが、債務が膨れ上がる前に任意売却を無事完了する事が出来ました。

 

お客様からは「催告書」が届いた際に、相談先にすぐ当協会を思い浮かべ連絡してくれたそうです。専門店I-474

事前に会っていたので安心して任せられたと有難いお話を頂戴しました。

 

今回、3カ月の延滞分をカードローンで借りて返済すれば、すぐに売却しないで済んだので

カードローンなどをキチンと債務整理をしておけば、カードも使えたと思います。

 

カードは持たない、使わない方がいいのですが、今回は考えさせられました。

 

次の記事

相続セミナーの参加。