住宅ローン返済が厳しくでもオーナーチェンジで住み続ける!

こんにちは、(社)任意売却公正協会の高倉です。

 

お客様の相談の中で、住宅ローン返済が厳しく売却すれば良いのは分かっていても、住み続けたい方が多くいます。

 

「子供の学区が変えられない」、「引っ越す、心の整理ができない」など事情がある方や、 身内で購入してもらえる人がいない方には、買受協力者をこちらで探し、賃料を支払うことを約束することで、今まで通り生活環境を変えないで生活ができる有効な手法がオーナーチェンジです。

毎月支払っている高い金利の住宅ローンより、ご自宅を賃貸で借りてしまう方が安くなるケースがあり、高いローンから、安い賃料に変わり、家計が改善される方が多くいらっしゃいます。

 

さらに不動産は、オーナーチェンジ後に「買戻し優先権」で不動産を買い戻すことも可能です。

「年齢的に無理だ」と諦めていた方も、お子様が社会人になり住宅ローンを組むことができるようになり、買戻した方もいらっしゃいます。

 

オーナーチェンジについて詳しく聞きたい方は、お気軽にお問合わせください。