「売却するには600万円必要?」 任意売却で解決! 

ご相談内容
横浜市神奈川区に住む山本様(仮名)は、分譲マンションに家族3人でお住まい。
住宅ローンは、毎月14万円 管理費等3万 合計約17万円の返済でした。
ご主人様の収入減のため返済が厳しく、管理費等も滞納。カードローンなどで補てんしていました
山本さんは、ご自宅を売却すれば楽になるのと考えられ、地元の不動産会社に査定を依頼すると、残債2800万円のところ査定額は2200万でした。売却損600万と開きがあり、自己資金600万円用意して欲しいと言われたそうです。
600万円も用意できるはずはありませんので、ダメ元で3200万円で売却活動をしたそうですが1組も見学者が来なかったとの事。
ご提案、アドバス
任意売却は、売却価格から必要経費を出すことができるので、山本さんが売却にあたって払う仲介手数料などの費用が必要無い事通常の市場相場で売却ができる事引越し費用が出る事周りに知られない事などを、ご自宅に何度も伺いご説明いたしました。
現状とその後
問題なく任意売却を完了する事ができ、諸経費の安い公社の賃貸を見つけ、住宅ローン額の半分で済むようになり家計が楽にすることが出来ました。
山本さんは、「高倉さんと早く出会い、早く任意売却すればよかった」とおっしゃっていました。
担当者より一言
住宅ローンを無理して返済している方が多くいらっしゃいます。
任意売却は、市場相場より残債額の方が多く、自己資金を出さないと売却できない場合などに銀行などと交渉した売却させてもらう方法です。
ただノウハウ、経験がないと失敗するので依頼する会社選びも必要です。