自己破産後の生活はどうなるのか?

住宅ローンと550万円のカードローン返済に苦労した鈴木さんが
自己破産後の生活を告白してくれました


今回は任意売却実践者インタビューとして
鈴木さん(仮名)におこし頂きました。

鈴木さんは、横浜市西区の分譲マンションの
任意売却に成功されました。

ただ、他にもカードローンが約550万円ほどあったため
最終的には自己破産で債務を全額免責する方法を選択されました。

鈴木さんには、任意売却と自己破産をされた感想をお伺いします。

 

 Q:ご相談頂いた時の住宅ローンとカードローンの状況は?

 

高倉:まず、当協会にご相談頂いた時の
住宅ローンとカードローンの状況について教えて頂けますか?

鈴木:住宅ローンの支払いが毎月12万円ほど、
プラス管理費を含めると合計で14万円ほどありました。

 

自転車操業のようになっていました


鈴木:それに加えてカードローンが毎月10万円
あったため、返済がかなり難しく、
不足分を新しくカードローンを組み、なんとかしのいでいました。

 

高倉不足分を新たにカードを作って補填するという
自転車操業のような形」になってしまっていた?

鈴木そうですね・・・。

 

Q:当時の精神的な状態や仕事の状況はどうでしたか?

 

高倉:返済にとてもご苦労をされたと思うのですが、その当時の精神的な状況や、
仕事の影響等はありましたでしょうか?

 

常にお金の事で頭が一杯でした


鈴木
毎月常に、返済の事を考えていました。なんとかその月の返済ができても、
来月はどうやって支払おうか?といった不安が消えず、常に支払いの事を
考えなきゃいけない状態でしたね。

 

自己破産を選択された今のお気持ちは?

 

高倉次の支払いで頭がいっぱいだったとのことで
非常に強い不安・ストレスを抱えておられた事だと思います。

鈴木さんは任意売却後、一部残った住宅ローンとカードローンを
リセットするために自己破産を選択 された訳ですが、
今のお気持ちをお聞かせいただけますか?

 

これが「普通の生活なんだ」と実感しました

 

鈴木:自己破産というとどうしても暗いイメージがあり、
最初は躊躇してしまっていました。しかし、今こうして借金がゼロになったことで、
もうこれ以上お金のことを考えなくてもいいんだ思うと、すごくホットしています。

これが普通の生活なんだな」ということを久しぶりに実感しました。

 

Q:今、当時の自分に声を掛けるなら?

 

高倉:最後に返済が厳しかった当時の自分に声をかけるなら
何と言いたいですか?

 

自分一人で頑張るには限界がある


鈴木
:早く相談するようにと言いたいです。
もう、そこにつきますね。

高倉:最後に、鈴木さんと同じように 住宅ローンやカードローン返済に
お悩みの
方に一言お願いできますか?

鈴木:はい。私は最初一人で何とかしようと頑張っていました。
しかし、それには限界があります。まずは専門家の方に早く相談することを
オススメしたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もし、あなたが鈴木さんと同じように住宅ローンとカードローン返済に追われ、
常にお金の不安を感じているのであれば、高倉までご相談ください。

これまで400件以上の住宅ローン返済の悩みを解決してきた経験から
あなたにとって最適な解決策をお伝えします。

↓↓↓お問い合わせはコチラから ↓↓↓
お気軽にお問い合わせ下さい

秘密厳守 個別面談 出張対応

受付時間10:00~19:00 土日も対応しています