リースバックで返済が楽に、趣味を再開しようと思っている。

ご相談内容
横浜市の分譲マンションに住む中山さん(仮名)は、住宅ローンの代わりにマンションを担保に事業ローン返済があり、金利も高かったことから、元本も中々減らず、このまま70歳を超えてまで返済をするのが難しいと思われたそうです。ご自身で何か良い方法はないかと探され、ローン返済の代わりに賃料をお支払いして現在のマンションに住み続ける任意売却の一つの「リースバック」のご相談をいただきました。
大手不動産会社にリースバックを希望したところ、リースバックではなく不動産会社へ買取りを強く勧められてしまったとのこと。
ご提案とアドバイス
中山さんの現在の支払い額を確認し、ローン返済11万円+共益費2万円の合計約13万円をお支払いでした。リースバックにより現在の返済額より下げないとあまり意味がないので、賃料を安くするのと売却価格を高くする必要があったので、条件に合う投資家をお探ししました。やっと条件にあう投資家をお探しし、中山さんも納得の賃料と売却価格でリースバックを行えました。さらに更新料もなしの好条件でした
現状とその後
リースバックにより返済額が下がり生活が楽になり、何より自宅を引っ越さないで住むのが精神的に楽だったそうです。引っ越しをしたら住民票の移動が当然必要ですが、売却しても住所は変わらないので、銀行・携帯などの各種届けても不要で、今まで通り何も変わらないとのこと。ご本人も何も変わらないのが「不思議な感覚」とのことでした。
担当者より一言
中山さんは、事業ローンの返済ばかり考えており、毎月の返済を考えると仕事に身が入らなかったそうですが、現在は趣味を再開しようと思っているそうです。
「いい決断をしたと思っている」とおっしゃっていただきました。

任意売却実践者インタビューに協力いただきましたので参考にしてください。動画はこちら↓↓↓