お客様の声「病気になり住宅ローン返済難」横浜市保土ヶ谷区

こんにちは、一般社団法人任意売却公正協会 代表の高倉です。

 

ご相談者より「お客様の声」を頂戴しました。

お客様の声 H29.7.17

ご相談者から「生の声」を頂戴すると

どんな心境だったのか?、対応に問題なかったか?と少しドキドキです。

今回は、お褒めの言葉でしたので安心しました。

 

ご相談者とは、当協会のチラシをご覧になりご連絡を頂戴しました。

 

ご相談内容

横浜市保土ヶ谷区で一戸建てを所有。

以前の職場を不当解雇されまたタイミング悪く体調を崩してしまい住宅ローン返済が厳しくなっていました。

 

ご相談へご自宅にお伺い詳しくご説明することになり「病気になり掃除ができていなく汚い」とのことでした。

 

病気で室内の片づけがまったくできておらず俗に言われる「ゴミ屋敷」も見慣れています。

 

ところが室内に入ると「???汚くないぞ?」ご本人からすると「汚い」とのことですが荷物も少なく、汚いとは言い難い状態だったのが第一印象でした。

 

他のご相談者と同様に住宅ローン返済について説明しました。

  • 住宅ローンを滞納するとどうなるか?
  • 任意売却とは?
  • 任意売却の流れ
  • 滞納税金の対処

 

 ご提案と方向性

状況確認し、ご本人の希望も踏まえ

住宅ローン返済も厳しいことから住宅ローン滞納をしつつ引越費用を確保。

6カ月以内に自宅を売り切ると言う強行手段へ

 

ご自宅を任意売却で処分して自己破産も考えていた中条件の良い買手を見つけることができ、なんとご相談者の購入金額より高い金額で売却に成功!住宅ローンを全額返済することができました!!

 

短期間で売却に成功したのは、ご相談者が「高く売るためのアドバイス」忠実に実行されたことだったと確信しています。

 

購入者が見学時に印象を良く思ってもらえるように、いくつか指摘させてもらいました。

  • 浴室の掃除(クリーニング業者に依頼しのかと思うぐらいキレイにしてくれました)
  • 荷物の片づけ
  • コンクリート土間の掃除

 

1つずつこなしてもらい、なんと1組目の見学者に気に入ってもらうことができました。

 

決済前の会食

横浜市保土ヶ谷区の一戸建ての決済前にご飯を御馳走になってしまいました。

 

「お互いに、有意義で実のある人生にしましょう」握手して別れました。

印象に残る成功例でした。

 

自筆の「お客様の声」は、HPでご覧になれますので

他の方がどんな相談しているか参考にしてください。

 

この記事を書いた人
高倉 由浩 一般社団法人任意売却公正協会 代表理事
大学時代に自営業を営んでいた実家が競売直前に売却した経験あり。
「住宅ローンについて相談する場所が必要!」と痛感し、非営利団体を設立し『住宅ローン無料相談所』を開設しています。