横浜市の固定資産税滞納と任意売却

こんにちは、

(社)任意売却公正協会の高倉です。

4月に入りあまり欲しくない

固定資産税・都市計画税の納付書が皆さん届いたと思います。

 

私も横浜市在住なので固定資産税の納付書が届きました。

 

例年だと4月1日に自宅に届きます。

横浜市は税金滞納にも厳く「請求が早いとな~」と感じるのですが

今年は4月4日に届きました。

 

任意売却をする際に問題になるのが

税金の「差押え」です。

 

任意売却でも通常の売却でも

不動産を売却して売主さんに入ってくる資金は、

先順位から配分されます。

 

通常ですと住宅ローンを組まれているので

1番抵当権者から2番抵当権へと返済されます。

 

税金の差押えの配分は、

通常は住宅ローンの抵当権の後に差押えがついているので

売却した資金の配分は住宅ローン返済の後になるはずです。

 

ところが横浜市の場合には、

税金(固定資産税、住民税、健康保険)とさらに

滞納税も合わせて全額を納めないと

差押え登記を取り下げてくれません。

 

税金本税+延滞税の合計額

 

任意売却では、後順位(先順位からすると後の抵当権や差押え)は、

抵当権抹消や税金の取下げ代として

ハンコ代を配分してくれます。

 

ただ税金への配分は、

税金額の一割もしくは10万円のどちらか低い方と

決まっています。(住宅金融公庫支援の場合)

 

行政によっては、税金滞納の一部をだけの納付でも

差押えを取下げてくれる場合もありますが、

横浜市はハンコ代では了承してくれないため

ご自身で税金不足分をご用意する必要ができてしまいます。

 

税金滞納が高額だとそもそも任意売却ができなくなりますの

税金滞納にご注意ください!

 

他の方がどんな相談をしているかは、

「ご相談例」で確認できますのでご参考にしてください。