任意売却とは、土地、建物、家相が原因?

こんにちは、

(社)任意売却公正協会 代表の高倉です。

 

先日、藤沢市にある江の島神社に行ってきました。

横浜市旭区在住なので産土神社をこの江の島神社としており初詣も参拝しています。

 

今回は、私の厄年のお祓いです。

 

神社などの年齢は、数え歳となり、生まれた日を1歳として年が明けるとさらに1歳加算されます。

わたしは、数え年で計算すると42歳と本厄です。

 

昨年、前厄をしなかったので祈禱料を少し頑張ったら、かなりの大きさの御札をいただきました。

巫女さんに

私「大きいですね」

巫女さん「小さいのに変えましょうか?」

私「いえ、これでいいです」

筆で氏名を書いているのでそのままありがたく頂戴しました。

 

自宅に帰るとやはりデカい

ミニカーと並べるとその大きさが分かると思います。

 

任意売却でご相談者とお話しを聞くと家を購入してからのいろいろな問題で住宅ローン返済が厳しくなるのですが、それ以外に家の事情に傾向があるのを感じます。

 

・病気になる (ご主人様、奥様、お子様)

・お子さんに障害がある (体以外にも精神的なもの)

・お子さんがニート

 

正確な統計がありませんが他の家より断然多いのです。

 

霊・迷信などまったく信じていない人間でしたが、その家、その土地、家相などの問題で起きてしまうのでは?と感じています。

これは任意売却を専門にしている人だと同じ事を言います。

 

そこで以前より厄年になったら必ず厄払いをするつもりでした。

 

厄年の看板がありましたので参考にしてください。

あたなたは、厄年近くありませんか?

 

普段のご相談事例をまとめているので、ぜひ「ご相談例」ご覧ください。