住宅ローンの支払いを15万→3万3千円に引き下げた事例

リバースモーゲージを使って
毎月15万の支払いから
わずか3万3千円に支払いを下げ
年金収入だけでも楽な生活を可能にした事例をご紹介します。
横浜市西区に一戸建てに住む佐藤さんは現在年齢が70歳。
住宅ローンはあと10年間、80歳までの完済でした。
住宅ローンを毎月12万円年金の収入だけでしたので、アルバイトで補填されていました。
しかし、身体が厳しくなりカードローンで補填されていました。
カードが枠が少なかったので、すぐに枠がなくなり住宅ローンを延滞するようになり当協会に相談いただきました。
佐藤さんは自分で建てた家に生きている間は住み続けたいという希望がありました。
そこで、当協会ではリバースモーゲージをご提案させていただきました。
リバースモーゲージは所有している不動産に担保をつけ借り入れをしてわずかな返済をつづけて返済が終わるまで、もしくはご自身が亡くなるまで、生活をすることが可能です。
佐藤さんの場合は、住宅ローン、カードローンの残債、当面必要な資金の合計1,600万円を借入になりました。
返済額は利息払いだけなので、毎月3万3千円でした。
佐藤さんは年金収入だけでも、十分な生活をすることができるようになりました。
このリバースモーゲージのメリットは、名義を変えることなく住み続けることが可能。
また、利用制限がないため、佐藤さんと同じように借換をして
カードローンなどのまとめ資金として、
リフォーム資金として、
当面の生活費用として、
老人ホームなどの施設に入所費用として、利用することが可能です。
住宅ローン返済が厳しい場合などに、借換えを考える方が多いですが、
年収や年齢の制限で借換えが上手くいかないことが多いです。
佐藤さんのようにカードローンも含めて借入をしたとしても大幅に支払額を下げられるかもしれません。
リバースモーゲージにご興味のある方は、気軽に当協会にお問い合わせください。
↓↓