横浜市中区のご相談 「うつ病になり任意売却をしたい」 その3

%e7%97%85%e9%99%a2こんにちは、一般社団法人任意売却公正協会 横浜センターの高倉です。

 

横浜市中区のうつ病になられたご相談者について記事に致しました。

 

前回は、うつ病になられたご相談者が自己破産の依頼をしている弁護士さんに挨拶するのと合わせて、

住宅ローンの滞納期間中にただ任意売却にするのを待つだけでなく、住宅ローンの全額返済を目指し、一般売却のチャレンジをすることを伝えました。

 

問題は、住宅ローンの借入先の住宅金融支援機構が一般売却する期間を取ってくれるか?です。

住宅金融支援機構の窓口になっている会社名の確認を弁護士さんにお願いしており、返答がありました。

 

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の借り入れの場合の窓口は、3社になります。

今回は、(株)住宅債権管理回収機構(JLS)でした。

 

以前も自己破産する場合でも住宅金融支援機構は、

6か月延滞するまでの間に一般売却できた成功例があったので

相談したところ、

「住宅ローンの延滞が6か月になるまでは、一般の売却で良い」と了承してもらいました。

 

さらに「6か月経過しても購入希望者がいれば、少しの期間を待つ」と返事でした!

この辺は、経験がものをいいます!

 

ただ住宅ローンの滞納が6か月になると、任意売却または競売しか方法がなくなります。

人気の横浜市西区のマンションでも販売できるのも、あと4カ月ほどしか時間ありません。

 

一般売却に向け何とか頑張ります!!