某協会に任意売却を勧められ依頼したものの半年連絡がない! 【再連絡あり】

こんにちは、

一般社団法人任意売却公正協会 代表の高倉です。

 

先日、「某協会に任意売却を勧められたものの、半年経っても何も連絡がない!」と電話相談があった事を記事にしました。

 

そのご相談者へ電話でアドバイスさせていただき 某協会へ不満の連絡をしたそうです。

 

某協会担当者からは、

「任意売却をするために、半年間は住宅ローンの滞納をしてもらうので、こちらから(某協会)連絡をしない」

「何か不安があったら連絡するようにと説明したはず」と言われたそうです。

 

任意売却をする際には、住宅ローンを滞納していない方は、あえて半年間滞納しないとなりません。

 

確かに半年間は、連絡することがないのですが ご相談者の元には、銀行などから電話連絡、住宅ローン滞納のハガキ、督促状、催告書などの書類が送られてきます。

生まれて初めて見る書類ばかり受け取る訳です。

 

当協会の場合は、

「銀行から連絡あったら、内容を連絡するように」

「何でも書類が届いたら連絡して欲しい」

「書類もできればFAX、メールで送ってほしい」と伝えています。

 

ほとんど問題ない書類なので、「問題ありません」とお伝えする程度ですが、ご相談者は、初めて見る書類なのでご不安になるので、あえて連絡をしてもらいます。

 

このタイミングで気になっていることや不安なことなどを話します。

またご不安に感じている場合には、再度、面談する機会を設け 任意売却を止めてもいいとお勧めしています。

 

今回のご相談者から「任意売却の窓口を変わってもらえないか?」とお話を頂戴しましたが、 当協会は、エリア外はご相談者にとって良い仕事ができないのでお断りさせていただきました。

 

某協会は責任を持って対処して欲しいと思います。      

 

[この記事を書いた人]
高倉 由浩(一社)任意売却公正協会 代表理事
大学時代に自営業を営んでいた実家を競売直前に売却することを経験し「住宅ローンについて相談する場所が必要!」と痛感し、非営利団体を設立し『住宅ローン無料相談所』を開設しています。