住宅ローンの返済額を圧縮し、今の家に住み続けられた事例

借金が約400万円ありながら分譲マンションに住み続けることができた
横浜市神奈川区野口さんの事例を紹介します。

 

こちらのご夫婦は共働きで、新築マンションを購入しました。
奥様が出産を機に会社を退職しました。
そのため、ご主人様の収入で住宅ローンの返済を行っていましたが、返済が厳しくカードローンや消費者金融で住宅ローンを補填していました。
しかし、お子様が大きくなり小学校に入学する頃には借金は約400万円まで、膨れ上がっていました。

 

弁護士さんに相談したところ自己破産をすすめられたそうです。
お子様が小学校にあがり、友だちもでき何とか今の学校に通い続けさせてたい。
そんな思いもあり当協会にご相談頂きました。
野口さんの家計や>借金の状況を確認させて頂き
自宅を残すための方法として個人再生をおすすめさせて頂きました。
個人再生とは、債務整理の一つで借金などが約5分の1に減がされます。
野口さんの場合ですと400万円が80万円になり、月々1万6,000円の返済を5年間続ければ借金が一切なくなる方法です。

 

住宅ローンの返済はありますが、毎月1万6,000円の返済に減額されたため、いまの家に住み続けながらお子様を小学校に通わせることができました。
当初は自己破産をして家を手放すしか方法がないと思っていたので個人再生ができたときは大変喜んでいただけました。
家族みんなで家に住み続けることができ相談してよかったと感想をいただきました。
同じように住宅ローンの返済で困っている方はぜひ一度当協会へご相談ください。