銀行へ任意売却の連絡

前回に自己破産をするご相談者についてご紹介しました。

 

横浜のマンションを任意売却するので、さっそく住宅ローンの借入先に任意売却することの連絡をしました。

 

今回のご相談者の借入先は、住宅金融支援機構(昔の公庫)ですが、窓口になっているのは、株式会社住宅債権管理回収機構(JLS)です。

 

ご相談者の方は、支払いが延滞したり、任意売却したりすると、銀行が文句を言ったり、利用を聞かれたりすると思われますが、ローン延滞者向けの窓口があり、いたって事務的です。

 

任意売却することを伝えると「有難うございます」と言われました。

理由は、任意売却をすることで高く売却してもらい、ローンを多く回収したいからです。

 

銀行は、完済する方もいれば、返済が出来ない方もいるのを計算した上で、金利を決めて貸出していますので、開き直る必要はありませんが、食費を削り病気になったり、借金を増やすのだけは止めて欲しいと思います。

 

任意売却の許可が出るまでには、1カ月ほど時間はかかりますが、問題なく承認されると思います。

ご相談者は、売却できるか不安とのことですが、今からマンション売却に向け準備開始です!!

 

 

前の記事

弁護士さんと打合せ

次の記事

借換えのご相談