競売の売却価格

横浜地方裁判所に行ってまいりました。

 

横浜市在住のご相談者は、年金暮らしで住宅ローン返済が高額だったため延滞し競売にかけられていました。

 

ご相談いただいたのが落札の約1カ月前だったので、債権者と交渉する時間も足りず競売で落札されてしまいました。

(競売になったばかりだったら、引越し代など確保できたと思います)

 

ただ競売で落札されても「引越し代」などを落札者に交渉が可能です。

ご相談者は、引越し費用もほとんどないため当協会で「引越し代」の交渉を変わりにしてあげることにいたしました。

 

そこで落札者が誰かを確認するために横浜地方裁判所に出向き「売却許可決定」を閲覧してきました。

落札者は、不動産会社でした。

 

さっそく連絡すると、相手はプロの業者さんなので「引越し代」についてもすぐに理解してくれ、交渉に応じてくれました。

「荷物などをすべて撤去してくれたら引越し費用を出す」とのこと。

 

ご相談者にお伝えすると喜んでもらえました。

でも引越し先を探さないとならないのですが、ご相談者は、借りる先があるか心配されていましたが、競売になっても賃貸は借りられます。

 

ご相談者は、年金暮らしのため賃貸探しも大変ですが、こちらもお手伝いすることになりました。

今まで同じようなお客様に賃貸探しを手伝っていますので、問題ないでしょう!

 

年金収入だけの高齢者の賃貸探しのお手伝いも可能です。

 

 

前の記事

任意売却の不動産調査

次の記事

川崎市の税金交渉