個人再生でマイホームを守る!

 

こんにちは、(社)任意売却公正協会 代表の高倉です。

 

『個人再生』をご存知でしょうか?

この方法でマイホームと家族を守った相談例をご紹介いたします。

鍵

個人再生の相談事例

横浜市神奈川区に住む野口さん(仮名)は、新築マンションをご夫婦で購入されました。

お子様が産まれるタイミングで奥様が退社し、奥様の収入が無くなってから住宅ローンの返済が厳しくなってしまい、カードローンなどで補てんされていました。

 

お子様が小学校に上がるころには、カードローンや消費者金融も含め5社の借入額は、約400万円に膨れあがっていました。

「お子様の学区を変えたくない」と強い希望があり、そこで個人再生をご提案いたしました。

 

個人再生の効果

個人再生とは、借金返済が難しい場合に、裁判所の許可のもと、住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮しマイホームを残すことが可能です。

 

野口さんは、借金400万円を100万円に圧縮してもらい、今まで毎月約11万円返済していましたが、圧縮後は毎月1.6万円の返済まで落とすことができ、今まで通りマイホームにご家族3人で住み続けることができました。

 

個人再生とは?

個人再生とは? 

個人再生は、裁判所に申し立てを行い債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらうだけでなく、自己破産と異なりマイホームを守れるのが特徴です。

 

・圧縮される額 

100 万円〜500 万円 →100 万円までの減額

500 万円〜1500 万円 →1/5 までの減額

1500 万円〜3000 万円 →300 万円までの減額

(最大5000万円まで)

 

減額されたら、さらに3年(特別な事情があれば5年)で分割するため、格段に返済が楽になるはずです。

そして分割支払いさえ終われば、すべての債務がなくなってしまいます。

 

例)

借金550万円×1/5=110万円

110万円÷5年=約1.8万円(月返済額)

 

裁判所の許可が必要なもののご本人のご希望を尊重されます。

弁護士さんにによっては、破産の方が手続きが楽なため説明もしてくれず、破産させられてしまうケースもありますので、信頼できる弁護士さんのご紹介も行っています。

 

借金がある方は、大幅な圧縮ができます!

この方法でマイホームを一緒に守りませんか?

 

※他の方がどんなご相談しているかは、

「ご相談例」で紹介していますので参考にご覧ください。

 

この記事を書いた人
高倉 由浩 一般社団法人任意売却公正協会 代表理事
大学時代に自営業を営んでいた実家が競売直前に売却した経験あり。
「住宅ローンについて相談する場所が必要!」と痛感し、非営利団体を設立し『住宅ローン無料相談所』を開設しています。