住宅ローンを滞納してブラックだと賃貸借りられない?

「住宅ローンを延滞してブラックリストに載ったら、賃貸は借りられないのか?」というご質問を頂戴します。 

答えは、「問題ありません。」

 

こんにちは、(社)任意売却公正協会の高倉です。

競売になってしまった方や、破産している方でもみな様、賃貸を借りて生活されていらっしゃいます。

また「保証人を頼む家族がいない」、「子供に保証人を頼みたくない」とおっしゃる方が多いのですが、これも問題ありません。

 

現在では、賃貸を借りる際には、保証人を立てずに、保証人の変わりに「保証会社」の利用を勧められることが多くなっています。

保証会社とは?

保証会社と言うと、審査が厳しいように思われますが、何かしらの理由で賃料が大家さんに入らない場合に賃料を代わりに払ってくれる会社です。

 

大家さんにとっては、賃料が確実に入る保険のようなものです。 また不動産会社に取っても賃料の督促をする時間や労力をかけずに済むので、大家さんと不動産会社にとってメリットがあるので、ほとんどの物件に利用できるようになっています。

 

賃貸の保証会社の審査は?

 保証会社の審査は、仕事をしており、家賃が収入の常識範囲内であればほとんど通ります。

審査方法は、収入確認と会社への在籍確認です。

(会社へは、〇○さんいますか~?程度の確認なので、会社にも怪しまれることもありません)

 

ただ保証会社の中には、クレジットカードの引落しにする会社があり、こちらは「個人信用情報」を確認するので延滞していると審査で落とされてしまいます。

ただ保証会社全体の2割程度ですし、審査に落とされても他の保証会社で通ればいいので問題ありません。

 

賃貸市場について

賃貸市場は、相続対策や投資家が多く建築して供給過剰になっており、空室で困っている大家さんも多く、以前より審査も緩く、不動産会社と連携すれば問題なく借りられますのでご安心ください。

 

生活保護の方や高齢者の方を優先募集している賃貸もあり、物件さえ間違えなければ問題ありません。

 

住宅ローンの返済額より賃料の方の半分の支払いになる方もいらっしゃいます。

一度検討されてみませんか?  

 

詳しいご相談は、代表理事:高倉まで