住宅ローン返済をしている銀行は敵か?

(社)任意売却公正協会 「住宅ローン返済無料相談センター」の高倉です。

 

銀行は、あなたの敵でしょうか?それとも味方でしょうか?

みな様にアドバイスしている私の見解は、敵です!

 

日常生活には、銀行口座からの引落し、振込みなど

生活になくてならいものです。

 

ただ借入れとなると話は別です。

住宅ローンや事業ローンの借入れ時に

あなたの不動産に抵当権や個人保証を付けているので

銀行の方が強い立場になっています。

 

支払いが滞ると「信用情報に傷がつきます!」、

「法的手段をとる!」などと言ってきます。

 

また銀行に住宅ローン返済が厳しいことを話すと

親身になってくれたように話しを聞いてくれ

何かしらアドバイスしてくれるでしょう。

 

?はたして、あなたに取って

ベストなアドバイスをしてくれたのでしょうか?

 

ただそれは、あなたが得することではなく、銀行が得する事だと覚えておいてください。

 

銀行は、イメージ良くしているかもしれませんが本業は「金貸し」です。

あたなが生活費を削ってでも支払っている利息で会社がなりたっています。

 

・銀行のアドバイスとは?

  • 銀行:「しばらく金利だけ支払って様子を見ましょう」

元金は、まったく減らず金利だけ取れている!

 

  • 銀行:「保証人に追加でなってくれる家族はいませんか?期間延長できるのでお支払が下がりますよ」

期間を長くして多く金利を取る。また本人が払えなくても保証人に払わせればいい!!

 

甘い言葉に誘惑され、その場しのぎの方法は、あくまで銀行にメリットがあるだけです。

 

銀行の言いなりにならずに、ご自身で知識を付け自己防衛するべきです。

 

充分、高い利息を払ってきましたので

今度はあなたが銀行をうまく使うべきだと思いますよ。