相続対策セミナーに参加いたしました。

相続対策のセミナ-に参加して参りました。

 

普段のご相談は、住宅ローン返済に困っている方がほとんどなので相続税を払わない方法より

「マイナス財産を子供に行かない様にすること」を説明していることが多いのですが、セミナーに参加して「これは使えるかも?」と思った制度がありました。

 

「相続時精算課税制度」です。

生前贈与と同じように親の資産を生きている間に贈与しても2500万円まで非課税になる制度です。

相続時には相続財産に加えられますが、2500万円とまとまった金額を非課税で贈与できるので、これをうまく使えないかと考えました。

 

生前に現金を2500万円贈与してくれる方は少ないでしょうが、例えば親御様の利用していない不動産があればこの制度を利用して贈与してもらい、この不動産を現金化、または不動産を担保にして融資を受け資金を確保できます。

 

また贈与される不動産の価格は、市場価格ではなく、相続評価になり路線価や固定資産税評価額なので格段に評価が低くなります。

例:市場価格5000万円 →評価額2000万円

 

この制度を利用せず生前贈与をすると贈与税となり相続税より税率が高くなっています。

評価額2000万円の不動産を贈与すると

2000万円×45%-265万(控除額)=635万円

なんと635万円も贈与税を支払わないとなりませんが、この制度を利用すれば無税で贈与できてしまいます。

 

他にも所有しているマイホームなどの不動産を子供に移して資産保全する(法的なものは除き)ことも考えられます。