某協会に任意売却の依頼をしたものの騙された!

こんにちは、

(社)任意売却公正協会 代表の高倉です。

 

「某協会に任意売却を依頼したものの騙された」

と言うご相談がありました。

 

ご相談者は、某協会に横浜市南区のご自宅を

約2年前に任意売却を依頼され

すでにご自宅を任意売却で売却済み。

 

任意売却が完了した際に

住宅ローン債務が約500万円ほど残ったそうです。

 

某協会の担当者は、残った住宅ローンについては

「返済義務があるものの家計が厳しくなったら払わないでいい」と

教えられていたそうです。

 

ご相談者も任意売却後、

約1年ほどは毎月1万円返済していたそうですが

子供二人おり家計も厳しく

某協会のアドバイスもあったので返済をしなかったそうです。

 

返済をしなくなると

一度、督促の連絡があった程度だったので

「問題ないのだろう」とそのままにしていました。

 

そうして約1年ほど経過すると

住宅ローンの借入先から窓口が

サービサー(債権回収会社)に移行されました。

 

窓口がサービサーに移行されても

特に問題はないですが、

このご相談者に大きな問題が発生しました!

 

◎問題発生

 

ご相談者のご実家の土地は、

ご相談者とお父様との共有名義になっており

サービサーはその土地に「仮差押」の登記を付けてきたのです。

 

ご相談者は、親御様から連絡が入り

急いで某協会に連絡したものの

某協会は、「返済をしないからだ」と返答。

 

ご相談者も「返済が厳しくなったら払わないでいい」と

教えられたかだと文句を言ったところ

某協会:「実家のことなど知らない」とのこと。

 

ご相談者は、どうすればいいか分からず

当協会にご連絡を頂戴した訳です。

 

当協会では、任意売却を行う際に

必ず確認する事項に「不動産の所有」があります。

 

某協会は、仕事(売上)にするために

あえて聞かなかったのか?

もしくは、社員教育が手薄だったと思われます。

 

某協会は、以前も同じように任意売却後の

トラブルでご相談を頂戴したことがあります。

 

某協会は大手なので

一人あたりが担当するお客様が多く

細かく対応できないのからも知れません。

 

今回のご相談者は、某協会と話しても無駄と思われ

後日、私と面談することになりました。

 

今回は、某協会のトラブル相談でしたが

通常は、直接ご相談のご連絡を頂戴します。

 

他の方がどんなご相談をされているは、

「ご相談例」に掲載していますのでご参考にしてください。