弁護士さんと打合せ

いつも当協会に協力してもらっている関内駅の弁護士さんの事務所に、ご相談者と一緒に行ってきました。

 

今年2月に債務整理についてご相談させてもらいました。

その後、ご相談者はご家族でご相談され、自己破産を選択されました。

 

事業がうまくいかず、借入も多いことから自己破産を行い、借入をすべてゼロにしてもらい、再出発することになります。

 

通常は弁護士さんに依頼する際に着手金が必要となりますが、ご相談者が税金の分納中でお支払いが厳しとのことだったので、着手金もお支払いをせず、各借入先に受任通知の送付、申立ての準備に動いていただけることになりました。

 

いつも協力してもらっている弁護士さんなので、融通をきかせてもらえました。

非常に助かります。

 

弁護士さんから各借入先に受任通知を出してもらうと、返済の督促もなくなり、返済もストップします。

ご相談者は、住宅ローンがありますがこちらも返済が止まりますので、住宅ローンやカードローンなどの返済が無くなった分でお金を貯めてもらい破産費用や引越し費用を貯めることが可能です。

 

ご相談者は、借金返済の悩みから解放されるため、帰る際にはホットされていた様子でした。

 

ご自宅は、任意売却で売却するのを任されましたので、スムーズに売却できる様に頑張ります!

さっそく住宅ローンの借入先に連絡します!

 

前の記事

川崎のパノラマ その後

次の記事

銀行へ任意売却の連絡