固定資産税を滞納していても、任意売却は可能か?

aa58eb809aafbd43098b6f9a62fd57b8_s

こんにちは、

(社)任意売却公正協会「住宅ローン無料相談センター」 代表の高倉です。

 

横浜市神奈川区在住の方より

固定資産税を滞納していても任意売却は可能か?という

ご相談内容でした。

 

ご相談者は、固定資産税を滞納しており

神奈川区役所に差押えを付けられていたので

固定資産税の分納を少しずつ進めて

それから任意売却を開始する予定でした。

 

ところが私が所有する同じマンション内で

相場より高い部屋が売却に出ていたのを発見。

 

「その高い部屋と比べられれば安くかんじるのでは?」と期待し

住宅ローン返済と税金納付を含めた

チャレンジ価格で任意売却ではなく通常売却を行っていました。

 

◎半年間、売却活動

 

すでに半年近く売却活動を行っていましたが

マンション内のもう一つの部屋は、

2880万円から100万円値下げし2780万円に変更したものの

まだ強気な価格設定です。

 

こちらの部屋は、ほぼ専有面積が同じで2580万円でした。

 

難しいかと思っていたところ

相手の部屋が売却を止めてしまいました。

 

こちらも諦めようと思っていたところ

もう一つの部屋が終了してしまったと思われたのか

何とお客様に気に入ってもらえました!

 

さらに指値交渉が少しあったものの

販売開始より半年経過しているので

住宅ローンの残債と税金も少なくなっており

買主さんの希望価格にも対応できました。

 

ご相談者も任意売却ではなく通常売却ができそうなので

喜んでもらっています。

 

平行して固定資産税の滞納計算書を神奈川区区役所に依頼。

また契約書作成に向け動いていきます。

 

後は買主さんの住宅ローン審査が通るのを願うだけです!!

 

 

他の方がどんなご相談をしているかは、

ご相談例で紹介していますのでご参考にしてください。