借換え住宅ローンの返済期間を延長するには?

こんにちは、

(社)任意売却公正協会「住宅ローン無料相談センター」代表の高倉です。

 

住宅ローンの返済期間を延長できる借換え商品についてご紹介しましたが

他にも条件が合えば返済期間を延長できる場合があります。

 

〇借入期間を延長できる場合

 

住宅金融支援機構へ住宅ローンの借換えをする場合に

期間延長ができる場合があります。

 

住宅金融支援機構へ借換えする場合には、

現在返済している住宅ローンの残期間でしか組むことができません。

 

ただ60歳を超えている場合には、

延長することが審査によっては可能です。

 

60歳以上で期間延長するのは、確かにリスクがあります。

 

ただ、毎月の返済ができず

カードローンなので補てんしてしまうと

借金が減らずに増えていってしまいますので

期間延長も考えた方がいいと思います。

 

〇借入期間の問題

 

また住宅金融支援機構で借換えをする場合には、

最低期間15年と言う縛りがあります。

 

例えば35年返済で住宅ローンを組み

築20年経過していると残り15年返済です。

 

借換えの際には、1歳分短くなりますので

15-1年=14年となり

借換えの条件に当てはまらなくなります。

 

借換えを考えている場合には、ご自身の住宅ローン期間を注意しておいてください。