任意売却を依頼した会社に騙された!

こんにちは、一般社団法人任意売却公正協会 代表の高倉です。

 

当協会に良くあるご相談に

「任意売却を依頼した会社に騙された」と言う内容です。

 

騙されたとおっしゃられる相談内容もさまざまですが、

代表的ものは、

・任意売却を進めたものの当初の説明と違う

・任意売却できず競売になってしまった

・任意売却を依頼した会社からまったく連絡が来ない

・保証人へ債務の請求が行ってしまった

 

だいたいが任意売却を依頼してもうまく行かず、

おかしいと思って当協会へ連絡が来るのでしょう。

 

ほとんどが相談者と依頼された会社との説明不足コミュニケーション不足だと断言できます。

 

任意売却を説明する内容が多義に及ぶために、相談を1~2時間程度説明しただけでは足りず、さらに相談者はすべて理解できないはずと思っています。

 

短時間で説明をしているので「聞いていない」、

「解釈違い」などが起こるだと思います。

 

当協会で任意売却をする場合には、

相談者に何度か面談して理解してもらってからスタートするので、

後からクレームになることはまず有りません。

 

任意売却は、今後の人生にも関わってくる方法ですので、

じっくりと相談してくれる会社に依頼するべきだと思います。