任意売却が上手くいかないケースとは?

こんにちは、

(社)任意売却公正協会「住宅ローン無料相談センター」 代表の高倉です。

 

「任意売却は、必ず成功しますか?」

「上手くいかないケースは、ありませんか?」とご質問を受けます。

 

やはり任意売却が上手くいかない場合もあります。

 

要因は、大きく③に分けられます。

①債権者(銀行)が指示してきた任意売却の価格

②不動産要因 (室内状況が悪い、日当たりなどの条件が悪い)

③各債権者との交渉力

 

①任意売却で売却する際の売却価格は、

債権者(銀行)が指示してくることが多くあります。

 

相場より高い売却価格を指示されてしまうと、

いくら努力しても売却が上手くいかない場合があります。

 

債権者(銀行)は、それぞれ不動産査定部門があるのですが

「どうしたらこの価格がでるの?」と思う金額を言ってくる場合もあり

高い価格だと中々上手くいきません。

 

この売却価格については、一般の売却と異なるところです。

 

②任意売却する不動産の条件が悪い

相場の金額でも売却が上手くいきません。

 

例えば、

・室内の汚れ、荷物の多さ、臭い、

・日当たりの悪さ

 

※極端に条件悪い場合に限ります。

 

①でも説明したように任意売却の価格を指示されますが

室内まで銀行(債権者)が確認しに来る訳ではないので

価格に反映されません。

 

逆に、室内状況が良かったりすると

すぐに売却できてしまう場合もあります。

 

③債権者(銀行)との交渉が上手くできないために

売却がスムーズに行かない場合があります。

 

任意売却は、一般の売却知識だけでなく

任意売却のノウハウ、経験がものを言います。

 

 

また、債権者の他に税務署、行政機関と税金の交渉を行うので

一般の不動会社では難しいと思います。

 

そのため自宅のポストに「売却求む」「限定で探している」など

チラシが入る大手不動産会社に依頼しても

任意売却が上手くいかない訳です。

 

任意売却を依頼する場合には、

専門に行っている会社もたくさんあるので探してください。

 

□まとめ

 

以上のように売主さんや不動産ではなく、

第三者の要因よって上手くいかないのです。

 

任意売却を勧める会社によっては仕事欲しさに

「任意売却ならすべて上手くいく」

「成功率○○%!」

 

などと言う会社には気を付けた方がいいと思います。