ギャンブルの借金は自己破産できない!

任意売却・住宅ローン返済の「無料相談窓口」 横浜センター代表の高倉です。

 

神奈川県横浜市西区に在住の本橋さん(仮名)は、ギャンブルで600万円の借金を作ってしまいましたが、マイホームに住み続けることができた事例をご紹介します。

 

本橋さんは、仕事中にケガをしてしまい、しばらく会社を休んでいました。保険も手厚く500万円も下りてきたので、暇つぶしにFXを始めました。

 

最初は、数万円の投資額でスリルを味わっていましたが、投資額がエスカレートしていき、さらにギャンブル制が高いため日本では規制されている海外バイナリーという投資にはまっていきました。

 

本橋さんは、負けが込んでいき、ついに保険金をすべて使ってしまいました。

 

取り返そうと借金をして投資していきましたが、ついに借金が600万円まで膨れあがり、借入枠も無くなってしまい返済不能に陥ってしまいました。

 

本橋さんは、当然生活が出来ないので自己破産を考えられ、弁護士さんに相談に行きましたが、ギャンブルの借金では、自己破産は難しいと言われていました。

 

本橋さんは、もう手立てがないと諦めていた所、当協会へご相談に来られました。

そこでギャンブルの借金でも債務整理ができる『個人再生』をご提案しました。

 

個人再生は、裁判所に申し立てを行うことで、借金を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらえます。

 

圧縮後に3年(特別な事情があれば5年)で返済します。そして分割の支払いさえ終われば、すべての借金がなくなってしまいます。

さらに自己破産と異なりマイホームを守れるのが特徴です。

 

本橋さんの場合:借金600万円×1/5=120万円

120万円÷3年間÷12か月=約3.3万円(月返済額)

 

協力してもらっている弁護士さんに相談した所、直前まで大きな金額を投資していたので、厳しいと言われながらも、お願いをして何とか対応してもらい、個人再生に成功することができました。

 

本橋さんは、借金を大幅に圧縮してもらうことで、格段に生活が楽になり、今まで通り一戸建てに住み続けていらっしゃいます。

 

「せっかくのチャンスを無駄にしないで、普通の生活をします」と気持ちを改めて生活するこを約束してもらいました。